マイページ ショッピングカート
初めての方へ ヘルプ
こんにちは、ゲストさん
ログイン 会員登録
トップ  >  ノベルズ   > BBN

物怪荘の思われびと
(もののけそうのおもわれびと)
物怪荘の思われびと
作者 : 宇喜田紅   (うきたこう)
CUT : Ciel   (しえる)
発売日: Thu Apr 19 00:00:00 JST 2018
価格:961円 (本体 890円 + 税 71円)


商品コード: 9784799734452
  • 数量:
  • この商品へのお問い合わせ
  • お気に入りに登録
強い妖力を持つ妖怪で、誰が見てもいい男。

そんな男がどうして自分なんかにこうも尽くしたがるのか。

「俺は清伊と番いたい。あんたが好きだ。どうしようもなく」

生真面目な公務員の清伊は、妖怪ばかりが住んでいる古い家を相続するが、彼らを追い出せず同居することに。
個性豊かな面々の中でも、特に強大な力を持つ東雲は、神話では神の使いとされるあやかし八咫烏だった。
東雲は清伊に一目で運命を感じ、熱烈に求愛する。
その情熱に押し倒されるように、毎晩東雲と体を触れ合わせてしまう清伊。
清伊の全てを世話し、尽くしたがる東雲の溺愛に、いけないと思いながらも溺れそうで…!

「なあ、一度番ったらどちらかが死ぬまで相手を変えないって本当か?」

妖怪に溺愛される日々!

【人物紹介】
三条清伊(さんじょうきよい)
潔癖症で生真面目な公務員。妖怪の実在に最初はショックを受けるが、行き場のない彼らの想いに共感してしまう。

東雲(しののめ)
巨大な八咫烏。三本の足のうち、一本は折れている。家事の達人。惚れた清伊をひたすら甘やかしたがる。